2009年01月22日

ブランドグループ「リシュモン」20年で最低



リシュモンはカルティエやダンヒルを中心としたブランドのコングロマリット。

リシュモンもこの経済状況下において前年同期比12%減を記録し2008年度10-12月期売上は20年の社史上で最低を計上したと発表した。

発表では 「日本などアジア太平洋地域で為替益により、売上はやや上昇」としているが、昨年7月以降は急激なユーロ安に陥っていることからアジア太平洋地域でも実質の売上げは非常に厳しい状態陥っている。

その中でも、リシュモンの稼ぎ頭であるカルティエの落ち込みが顕著である。


リシュモン傘下ブランド
カルティエ
ヴァン・クリーフ&アーペル
ピアジェ
ヴァシュロン・コンスタンタン
A.ランゲ&ゾーネ
ジャガー・ルクルト
パネライ
IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)
ボーム&メルシエ
モンブラン
ダンヒル
ランセル
クロエ
モンテグラッパ
posted by かぐら at 23:49 | Comment(1) | TrackBack(0) | ブランド関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
あなたの内容がとてもよかった。
Posted by 黒部 at 2013年07月10日 12:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。